立夏の頃

杜の緑が深まり清々しい五月晴れの日が続きました。25°Cを超える日もあって夏が近づいてきているのを実感します。

ササバギンラン1
ササバギンラン 多摩市
前節気でキンランが咲いていた雑木林の林床に、1週間遅れてササバギンランが開花しました。よく似たギンランは高さが20センチ程ですがササバギンランは50センチ程あり、笹に似た葉を持ち葉が花より高くなるのが特徴です。また、ササバギンランは林床下に生えるのに対し、ギンランは陽当たりのよい道端で見つかりました。

ササバギンラン2
ササバギンラン 多摩市

ササバギンラン3
ササバギンラン 多摩市

キンラン
キンラン 多摩市
カメラを持ってニュータウンの歩道を歩いていると犬の散歩をしている初老の婦人に出会いました。すると後ろを指さして『向こうにキンランが20株ほど咲いていましたよ』と教えていただきました。200メートルほど歩いたところで大胆にも道端の斜面に並んで咲いていました。

シロスミレ

遅咲きのシロスミレが咲きました。2月に苗を購入して育てたものです。シロスミレといえば自然交配種のキリガミネスミレ(スミレ×シロスミレ)の片親で自生地は日光の戦場ヶ原や信州の霧ケ峰などで見られます。染色体数はスミレが2n=48に対してシロスミレは2n=24です。

前川文夫博士(1908-1984)は『植物の形と進化』の中でアリアケスミレ及び南九州から琉球列島に分布しているリュウキュウシロスミレ(共に染色体数2n=72)について、「この種類はシロバナ(注:シロスミレ)の染色体12の花粉(または卵細胞)と紫のスミレの24の卵細胞(または反対の場合なら花粉)とが交雑して36本の染色体の株ができ、多年生の草本としてはえているうちに、なんらかの原因でその2倍の72本という株を生じる。これには盛んに花が咲き、実が稔るので、急激に拡がってしまったと考えられる。」と述べています。

そう思って見るとキリガミネスミレとアリアケスミレの花が似ているように思えますし、リュウキュウシロスミレにシロスミレの面影が見られるように思われてきます。

シロスミレ
シロスミレ [ミヤマスミレ類]

スミレ  
スミレ[ミヤマスミレ類]

キリガミネスミレ
キリガミネスミレ 交配種(スミレ×シロスミレ)

アリアケスミレ
アリアケスミレ[ミヤマスミレ類]

リュウキュウシロスミレ
リュウキュウシロスミレ[ミヤマスミレ類]

穀雨の頃

穀雨、多摩丘陵にも植物にとって恵みの雨が降り、見る間に成長していきます。木々は若葉を繁らせ木立の間から見えていた向こう側の景色も見えなくなりました。

キンラン1
キンラン 多摩市
昨年、雑木林の一角にササバギンランがいたのですが今年は見つかりません。ふと目を移すと近くの斜面にキンランが点々と花を咲かせていました。

キンラン 2
キンラン 多摩市

キンラン 3
キンラン 多摩市

ギンラン
ギンラン 多摩市
キンランは雑木林の明るい林床に見られますが、ギンランは林縁というか日当たりのよい道端でよく見られました。

カタバミ
カタバミ

オニタビラコ
オニタビラコ

ジシバリ
ジシバリ

ブタナ
ブタナ

ハハコグサ
ハハコグサ

オカタツナミソウ
オカタツナミソウ 多摩市

ヒメハギ
ヒメハギ 多摩市

シロツメグサ
シロツメグサ 多摩川土手

アカツメグサ
アカツメグサ 多摩川土手

アカバナユウゲショウ
アカバナユウゲショウ 多摩川土手

セリバヒエンソウ
セリバヒエンソウ 都立桜ヶ丘公園・多摩市

キツネアザミ
キツネノアザミ 黒川谷戸・川崎市

アメリカンフウロ
アメリカンフウロ 黒川谷戸・川崎市

アマドコロ
アマドコロ 黒川谷戸・川崎市

ホウチャクソウ
ホウチャクソウ 黒川よこみね特別緑地・川崎市

マムシグサ
マムシグサ 黒川よこみね特別緑地・川崎市

すみれの定植

3月2日にすみれの種播きしてから2ヶ月経ちました。本葉が展開してきたものも出てきて、7品種定植しました。

発芽状況
発芽状況
48品種中36品種が発芽または発芽見込みです。私としてはなかなかの好成績です。育てるのに難易度の高いものもあり夏越しがポイントになりそうです。

定植
定植
今後本葉の2枚目が展開し始めたものから順次定植していきます。定植後1週間程半日陰で育てた後、陽の当たる場所に移して育てます。
用土は微塵を振るった硬質赤玉土3、鹿沼土3、軽石砂3、発酵バーク1の混合用土を使用しています。鉢は底穴が小さい場合は排水が良くないのでハンマー底穴を広げて使用しています。

今年播いた種
 ミヤマスミレ類
スミレ(2品種)ホコバスミレアリアケスミレヒメスミレ、アカネスミレ、ノジスミレヒナスミレ(奥多摩)、ヒナスミレ(南高尾)、ゲンジスミレサクラスミレチシオスミレ、マルバスミレ、ヒゴスミレ(3品種)エイザンスミレナンザンスミレベニバナナンザンスミレミヤマスミレフイリミヤマスミレ、フイリヒメミヤマスミレ、シハイスミレ(2品種)フイリフモトスミレタカオスミレアソヒカゲスミレナルカミスミレサキガケスミレケイジョウスミレマツバスミレ
 スミレサイシン類
アケボノスミレ、ナガバノスミレサイシン、スミレサイシン
 タチツボスミレ類
サクラタチツボスミレ、シチトウスミレ、コタチツボスミレ、ニオイタチツボスミレ、エゾノタチツボスミレ、シエヘアナペルシシフォーリア
 
アオイスミレ類
アオイスミレ
 ニオイスミレ類
チャールズ・ウィリアム・グローブズツアースルフレアアルバ・アルバ
 交配種
スワスミレミスズスミレ(4倍体)
 *青字は外国種
 *太字は発芽または発芽見込みの品種
プロフィール

豆太郎

Author:豆太郎
性別:男性
都道府県:東京
自己紹介:
 多摩丘陵をきままに散策しています。すみれに魅せられて自分でも栽培しています。

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク