立夏の頃

立夏。5月というのに暑い日々が続き初夏の装いです。春先に咲いていた花も果実に変わっていました。

    タニウツギ
    タニウツギ

    エゴノキ
    エゴノキ
    果皮がえごい(えぐい)ことから名付けられたそうです。

    ツリバナ
    ツリバナ

    トチノキ
    トチノキ
    街路樹でもよく見かけます。

    ホウノキ
    ホウノキ
    葉が大きいですが花も立派です。芳香があるそうですが匂いを嗅ぐのは難しいです。

    ユリノキ
    ユリノキ
    北アメリカ原産の落葉高木です。街路樹でよく見かけます。

    ハンショウヅル
    ハンショウヅル
    つる性低木で花の形を半鐘に見立てて名付けられています。

    ウグイスカグラ
    ウグイスカグラの果実
    赤い実を食したところほんのりとした甘味がありました。

    イロハモミジ
    イロハモミジの果実(翼果)

    アカバナユウゲショウ
    アカバナユウゲショウ

    ニワゼキショウ
    ニワゼキショウ

    サイハイラン
    サイハイラン
    花の形が戦国の武将が打ち振った采配に似ているところから名付けられました。

    フタリシズカ
    フタリシズカ
    一人賑やかな人もいますね。

    ナルコユリ
    ナルコユリ
    アマドコロとよく似ていますが、アマドコロの茎の中部より上に稜角があるのに比べて、ナルコユリには稜角がなく茎の断面が丸いので区別できます。

撮影場所
    多摩市 桜ヶ丘公園など
    川崎市麻生区黒川

開花したすみれ

ベランダのすみれも咲き終わって、今咲いているのは四季咲きのパンダスミレ(V.ヘデラケア)と遅咲きのV.ランセオラータのみになりました。
昨年48品種のすみれを播種してから1年以上育ててきましたが、開花状況をまとめて一区切りとします。開花したのは今年の春まで残った35品種中27品種。スミレサイシン類やタチツボスミレ類、外国種の開花率が良くありませんでした。栽培が上手くはないのですが、今年初めて種を播いたミヤマスミレ、フイリミヤマスミレ、シハイスミレ、フモトスミレが無事に開花してくれたのでそれなりに満足しています。
開花したすみれの中で比較的出来の良かったものをアップしました。

    ホコバスミレ
    ホコバスミレ

    フイリミヤマスミレ
    フイリミヤマスミレ

    シハイスミレ
    シハイスミレ

    フイリフモトスミレ
    フイリフモトスミレ

    チシオスミレ
    チシオスミレ(サクラスミレ)

    ナンザンスミレ
    ナンザンスミレ

    ヒゴスミレ(紅)
    ヒゴスミレ(紅)

開花したすみれ
 ミヤマスミレ類
スミレ(2品種)ホコバスミレアリアケスミレ、ヒメスミレ、アカネスミレ、ノジスミレ、ヒナスミレ(2品種)、ゲンジスミレサクラスミレチシオスミレ、マルバスミレ、ヒゴスミレ(3品種)エイザンスミレナンザンスミレベニバナナンザンスミレミヤマスミレフイリミヤマスミレ、フイリヒメミヤマスミレ、シハイスミレ(2品種)フイリフモトスミレタカオスミレアソヒカゲスミレナルカミスミレサキガケスミレケイジョウスミレマツバスミレ
 スミレサイシン類
アケボノスミレ、ナガバノスミレサイシン、スミレサイシン
 タチツボスミレ類
サクラタチツボスミレ、シチトウスミレ、コタチツボスミレ、ニオイタチツボスミレ、エゾノタチツボスミレ、シエヘアナペルシシフォーリア
 
アオイスミレ類
アオイスミレ
 ニオイスミレ類
チャールズ・ウィリアム・グローブズツアースルフレアアルバ・アルバ
 交配種
スワスミレミスズスミレ(4倍体)
 *青字は外国種
 *太字は開花した品種

ダイセンキスミレ

5月6日、中国山地の山麓でダイセンキスミレに出会いました。30分程の散策で他にもシハイスミレやアケボノスミレなども見ることができました。

    ダイセンキスミレ1
    『黄色いすみれがある。』の声を聞いて行ってみると、道端の斜面に点々とダイセンキスミレが咲いていました。

    ダイセンキスミレ 2
    ダイセンキスミレはオオバキスミレの亜種で中国山地に分布しています。

    アケボノスミレ
    アケボノスミレ

    シハイスミレ1
    シハイスミレ

    シハイスミレ2
    シハイスミレ

    ニオイタチツボスミレ
    ニオイタチツボスミレ

    ミヤマカタバミ
    ミヤマカタバミ

    雑木林の風景
    雑木林の風景

市街地まで下りて近くの林縁や沢沿いの道を散策してみました。

    ラショウモンカズラ
    ラショウモンカズラ

    ミヤマハコベ
    ミヤマハコベ

    オオバイカリソウ
    オオバイカイカリソウ
    バイカイカリソウかとも思ったのですが場所と全体が大きかったのでオオバイカイカリソウのようです。

撮影場所
    広島県庄原市
プロフィール

豆太郎

Author:豆太郎
性別:男性
都道府県:東京
自己紹介:
 多摩丘陵をきままに散策しています。すみれに魅せられて自分でも栽培しています。

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
リンク