鯉が窪湿原

ゴールデンウィークの終わりに岡山県の鯉が窪湿原を散策してきました。トキソウやサギソウなどの開花時期には早すぎたのですが、西日本型のナガバノタチツボスミレを見ることができました。

    ナガバノタチツボスミレ
    ナガバノタチツボスミレ

    ナガバノタチツボスミレ (2)
    ナガバノタチツボスミレ

    ニョイスミレ
    ニョイスミレ

    ニョイスミレ (2)
    パンフレットには6月中旬からアギスミレが開花すると載っていました。三日月形様の葉型のニョイスミレを時々見かけました。ニョイスミレとは連続的なもののようです。

    ムラサキコマノツメ
    ムラサキコマノツメはニョイスミレの品種で花の地色が淡桃から淡紫のものです。ムラサキコマノツメタイプのものをよく見かけましたが、これも連続的なようです。

    サクラスミレ
    大輪のサクラスミレです。

    スミレ
    湿原の入り口手前の道の両側にスミレが連なって咲いていました。

すみれの時期に見られる野草達

今の時期はリュウキンカとサワオグルマが咲いているぐらいでちょっと寂しかったのですが、7月から8月にかけては多様な花が見られるようです。

    リュウキンカ
    リュウキンカ

    サワオグルマ
    サワオグルマとリュウキンカ。背の高いものがサワオグルマです。

    鯉が窪湿原
    鯉が窪湿原の歩道

    オドリコソウ
    田園地帯を歩いて帰っていると道端のオドリコソウが満開でした。

    菜の花とベニシジミ
    田んぼの傍に菜の花が咲いていて、『菜の花米』の看板がかかっていた。

撮影場所
    岡山県新見市哲西町 鯉が窪湿原

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは

西日本に遠征されていましたか。スミレ探索は良いですね。

多摩NTの住人様

コメントありがとうございます。
広島のカミサンの実家に行った際にちょっと足を伸ばして行ってきました。すみれはそれぞれ分布が異なるので、その土地のすみれを見る楽しみががあります。ちなみにナガバノタチツボスミレは西日本型のすみれでこちらでは見られませんね。
プロフィール

豆太郎

Author:豆太郎
性別:男性
都道府県:東京
自己紹介:
 多摩丘陵をきままに散策しています。すみれに魅せられて自分でも栽培しています。

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク