ベランダのすみれ2017 その1

多摩丘陵ではアオイスミレを初めとしてタチツボスミレ、コスミレなどが咲き始めていますが、我が家のベランダでも早咲きのニオイスミレやタチツボスミレなど、次々と開花してきました。

    マンシュウスミレ
    マンシュウスミレ ミヤマスミレ類 東アジア冷温帯に分布
    日本のすみれの代表’スミレ’の学名は Viola mandshurica(満洲のスミレ)だが、こちらの学名は Viola dissecta。ナンザンスミレの近縁だが、葉の切れ込み方が異なる。

    シチトウスミレ
    シチトウスミレ タチツボスミレ類 海岸性のタチツボスミレの変種

    アツバエドスミレ(二色)
    アツバエドスミレ(二色) 交配種(アツバスミレ(二色咲)×エイザンスミレ)
    エイザンスミレが入っているので花も葉も全体的に大柄、この写真では分かり辛いがアツバスミレ(二色咲)の影響で上弁が白っぽい。アツバスミレは海岸性のスミレの変種

    ミセズ・R・バートン
    ミセズ・R・バートン ニオイスミレ類 芳香
    ニオイスミレの栽培品種。ニオイスミレはヨーロッパ原産で名前の通り強い芳香があり香料原料として栽培された。日本のアオイスミレは近縁だが香りはない。また、ニオイスミレの仲間でもスルフレアなど匂わないものもある。
    

    マダム・アーマディン・ペイジ
    マダム・アーマディン・ペイジ ニオイスミレ類 芳香

    アルバ・アルバ
    アルバ・アルバ ニオイスミレ類 芳香

    ビオラ・オドラータ×ヒルタ
    ビオラ・オドラータ×ヒルタ  ニオイスミレ類 交配種 (ビオラ・オドラータ×ビオラ・ヒルタ) 

    パルマスミレ
    パルマスミレ ニオイスミレ類  芳香 ビオラ・アルバの八重咲変異

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

きれいですねぇ!

 初めまして、兵庫県在住60代女性です。子供のころから、野に咲く「すみれ」が大好きで、香りをかいでいました。
昨今は、花やさんでも、鉢植えすみれがあって、買ってベランダで、育てていたら、背に赤い筋のある虫が大量に発生していて、葉を全部食べられてしまい、オジャンになったままです。
スミレは好きですが、あの虫は強烈に苦手で、どうしたらいいか、途方に暮れております。
定年したら、田舎暮らしでガーデニングを夢みていたのですが。
写真の、すみれ達は、素晴らしいですね。虫はつきませんか

aiai様

コメントありがとうございます。
すみれはいいですね。コメントの虫はツマグロヒョウモンチョウの幼虫ではないでしょうか。すみれ栽培している人にとっては天敵で、捕獲して駆除するしかありません。私は幸いにツマグロヒョウモンの被害は受けたことはありませんがアブラムシ、ハダニ、ヨトウムシ、ナメクジはよくあり、殺虫剤は欠かせません。
これに懲りないですみれを楽しんでみてください。
プロフィール

豆太郎

Author:豆太郎
性別:男性
都道府県:東京
自己紹介:
 多摩丘陵をきままに散策しています。すみれに魅せられて自分でも栽培しています。

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク