セイタカアワダチソウ

 セイタカアワダチソウは北アメリカ原産の外来種である。かつては迷惑な外来野草として秋の野草を駆逐し、すっかり嫌われ者になった。まるで湖に放たれたブラックバスやブルーギルのように。おまけに花粉症の原因ともされ騒がれたが、スギ花粉のように花粉を飛ばして受粉するのではなく、虫による受粉を行い自ら花粉を飛び散らかすことはない。
 近づいてよく見ると小さな花が集まって穂を形成していて美しい花だと思う。ススキと並んで金色の穂を棚引かせているのを見ると、自分の居場所を見つけてすっかり定着したようだ。

017セイタカアワダチソウ

004(セイタカアワダチソウ)

019セイタカアワダチソウ

108(セイタカアワダチソウ)

セイタカアワダチソウにはススキがよく似合う
プロフィール

豆太郎

Author:豆太郎
性別:男性
都道府県:東京
自己紹介:
 多摩丘陵をきままに散策しています。すみれに魅せられて自分でも栽培しています。

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク