ベランダのすみれ2014 その2

コスミレなども咲き始め、だんだんベランダが賑やかになってきました。ニオイスミレが満開となりベランダに出るとニオイスミレの匂いで一杯です。

コスミレ
コスミレ [ミヤマスミレ類]
育てやすいスミレです。

コスミレ(赤紫)
コスミレ(赤紫) [ミヤマスミレ類]
花色が赤みがかったものです。

シロバナコスミレ
シロバナコスミレ [ミヤマスミレ類]
純白花のコスミレです。

コボトケスミレ
コボトケスミレ [ミヤマスミレ類]
アカネスミレの純白花で、最初に見つけられた小仏峠の名にちなんでいます。

ナンザンスミレ
ナンザンスミレ [ミヤマスミレ類]
深く切れ込んだ葉をもつタイプ。ヒゴスミレの母種で日本では対馬にだけ分布しています。

キクバヒメスミレ
キクバヒメスミレ 交配種(ヒゴスミレ×ヒメスミレ)
キクバ系交配種で両親の特徴を引き継ぎ、切れ葉で小型のすみれで、花色は薄紫です。

モチヅキスミレ
モチヅキスミレ 交配種(スミレ×コスミレ)
スミレ系交配種で花色が紫の大輪です。

ミヨシスミレ
ミヨシスミレ 交配種(スミレ×ヒカゲスミレ)
スミレ系交配種

フイリシハイコスミレ
フイリシハイコスミレ 交配種(フイリシハイスミレ×コスミレ)
無切込系交配種

ヤクシマコスミレ
ヤクシマコスミレ 交配種(ヤクシマスミレ×コスミレ)
フェアリー系交配種。ヤクシマスミレやヤエヤマスミレの南西諸島原産の小型のすみれを片親とした交配種で育てやすく、花付きが良いものが多いようです。

サワラビスミレ
サワラビスミレ 交配種(スミレ×ニオイスミレ)
ニオイ系交配種。日本を代表するスミレと欧州を代表するニオイスミレとの交配種で、ニオイスミレの香りを伝えることを目的とした交配。葉はスミレ、花はニオイスミレの性質が強く出ているようです。

ニオイシハイスミレ
ニオイシハイスミレ 交配種(シハイスミレ×ニオイスミレ)
ニオイ系交配種。葉はシハイスミレ、花はニオイスミレの影響か大きめで美しい花色の小型のすみれです。

マダム・アーマディン・ページ
ニオイスミレ’マダム・アーマディン・ペイジ’
プロフィール

豆太郎

Author:豆太郎
性別:男性
都道府県:東京
自己紹介:
 多摩丘陵をきままに散策しています。すみれに魅せられて自分でも栽培しています。

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク