すみれの発芽

3月2日に種蒔きしてから約1ヶ月経って、サクラスミレ、シハイスミレ、ナガバノスミレサイシンが発芽してきました。発芽するまでは播いたタネが水分を吸収するため、播き床を乾かさないよう腰水(水を張った容器に鉢ごと浸して、底穴から吸水させる灌水方法)にして、霧吹きで表面に水やりをするようにしています。発芽後の腰水は根が呼吸するのに酸素不足になるため止めたほうが良いようです。これから次々と発芽してくると思いますが、なかには翌春、翌々春まで発芽しないものもあります。大切なタネは少なくとも翌春まで水やりを行います。

ナガバノスミレサイシン
ナガバノスミレサイシンの発芽

シハイスミレ
シハイスミレの発芽
プロフィール

豆太郎

Author:豆太郎
性別:男性
都道府県:東京
自己紹介:
 多摩丘陵をきままに散策しています。すみれに魅せられて自分でも栽培しています。

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク