高尾山すみれ散策

4月13日すみれ日和。日本すみれ研究会の野外例会に初参加しました。裏高尾の日影沢から頂上付近まですみれ散策しながら登り、自然研究路コースを巡りながら高尾山口まで下ってきました。小学生から年配者まで総勢40名近く。タカオスミレ、エイザンスミレ、ナガバノスミレサイシンが真っ盛り、ヒナスミレはピークを過ぎ、ニョイスミレ、コミヤマスミレは開花までもう少しのようです。

すみれ

スミレ
スミレ 武蔵陵墓地
集合場所の高尾駅に早く着いたので、武蔵陵墓地まで行ってきました。多摩墓地など墓地にはすみれが多く見られると聞いていたからです。駐車場近くの空き地にスミレが群生していました。そのほかマルバスミレ、アカネスミレなど見られました。

スミレ (2)
スミレ 武蔵陵墓地

コスミレ(白)
コスミレ
日影沢の石垣で見つけた白花のコスミレ

アカネスミレ
アカネスミレ

ヒカゲスミレ
ヒカゲスミレ

タカオスミレ
タカオスミレ
ヒカゲスミレの開花時の葉の表面が黒褐色を帯びるもの。ヒカゲスミレとタカオスミレが並んで咲いていました。その中間色の葉のものもあり、分ける必要があるのかと思いました。でも、高尾山で見るとタカオスミレの方が愛着がありますね。

エイザンスミレ
エイザンスミレ

マルバスミレ
マルバスミレ

ヒナスミレ
ヒナスミレ

フイリヒナスミレ
フイリヒナスミレ

コミヤマスミレ
コミヤマスミレ
高尾山では一番遅く咲くすみれで、4月下旬頃から咲き始めるようです。

ナガバノスミレサイシン
ナガバノスミレサイシン

ナガバノスミレサイシン(純白)
ナガバノスミレサイシン’純白’
純白のナガバノスミレサイシンは高尾山では珍しいようです。

ナガバノアケボノスミレ
ナガバノアケボノスミレ
アケボノスミレとナガバノスミレサイシンの交配種。

アオイスミレ
アオイスミレ

ニョイスミレ
ニョイスミレ
小学5年生の双子くん達、1年生から毎回きているそうで、すみれの葉の形を見て正確に同定していました。恐るべし。

オトメスミレ
オトメスミレ

タチツボスミレ
タチツボスミレ
タチツボスミレの群生。ニオイタチツボスミレも見たかったのですが、今回はいつもニオイタチツボのいるところを通らなかったので見ることができませんでした。

すみれの時期の植物たち

ニリンソウ
ニリンソウ

ヤマルリソウ
ヤマルリソウ

ミヤマカタバミ
ミヤマカタバミ

ヨゴレネコノメ
ヨゴレネコノメ

ヤマネコノメソウ
ヤマネコノメソウ

ミミガタテンナンショウ
ミミガタテンナンショウ

ミヤマキケマン
ミヤマキケマン

コチャルメルソウ
コチャルメルソウ

シュンラン
シュンラン

ミツバツツジ
ミツバツツジ
プロフィール

豆太郎

Author:豆太郎
性別:男性
都道府県:東京
自己紹介:
 多摩丘陵をきままに散策しています。すみれに魅せられて自分でも栽培しています。

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク