季節外れのすみれ

ヒバントゥス・コミュニスは6月頃から毎日のように新しい半日花を咲かせていますが、春咲きのすみれも季節外れの花を咲かせることがあります。
ベランダのニオイシハイスミレが淡い桃紫色の花を咲かせました。

ニオイシハイスミレ20142001
ニオイシハイスミレ 現在(2014.10.1撮影)
ニオイスミレとシハイスミレの人工交配種です。花弁の色はシハイスミレにも似ていますし、ニオイスミレ’フェアオークス’のようでもあります。また片親がニオイスミレのため匂いがあります。葉の主脈に添って白斑が入るためコンピラ斑入りのシハイスミレが片親かと思われます。

ニオイシハイスミレ20140326
ニオイシハイスミレ 今春(2014.3.26撮影)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは

秋にスミレを見られるのは楽しいですね。
道端のスミレは閉鎖花ばかりです。
タチツボスミレが日当りの良い場所に咲いているのをみることがまれにありました。

多摩NTの住人様

コメントありがとうございます。

この時期閉鎖花ばかりなので開花を見るのは楽しみです。
なぜこの時期に開花するのかはよく分かりませんが。
秋に咲きすぎると春に咲かなくなるのではないかと心配したことがありますが、春は春で咲いてくれるようです。
プロフィール

豆太郎

Author:豆太郎
性別:男性
都道府県:東京
自己紹介:
 多摩丘陵をきままに散策しています。すみれに魅せられて自分でも栽培しています。

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク