雨水の頃

寒い日と暖かい日が交互に訪れ、一雨毎に春が近づいて来るようです。
陽当りの良い里山の道端にはスミレ、タンポポ、オオイヌノフグリ、コハコベ、ホトケノザ、ヒメオドリコソウ、ミチタネツケバナなどが咲いていました。
スギ花粉アレルギーが始まってから辛い季節でもありますが、春の訪れの喜びはまた別です。

コハコベ
コハコベ
春の七草のひとつです。

ホトケノザ
ホトケノザ

オオイヌノフグリ
オオイヌノフグリ
ホトケノザもオオイヌノフグリも種子にエライオソームと呼ばれる付属体をもつアリ散布型植物です。

コゴメイヌノフグリ
コゴメイヌノフグリ
近年道端で見られるようになった南欧原産のコゴメイヌノフグリ。オオイヌノフグリよりやや小ぶりの可憐な白い花をつけます。

セントウソウ
セントウソウ
他の花に先がけて咲くので先頭草だという説があります。花がとても小さいです。

 桜ヶ丘公園

サンシュユ
サンシュユ(山茱萸)

アセビ
アセビ(馬酔木)

シキミ
シキミ(樒)
全体が有毒で和名も「悪しき実」からきているのですが、花にたくさんの虫が訪れていました。

ニワトコ
ニワトコ(接骨木)
新芽がまた成長しました。

 東京薬科大・自然観察路

セツブンソウ
セツブンソウ

コセリバオウレン
コセリバオウレン
観察路に沿って可憐な花が並んで咲いていてちょっと感動します。

コスミレ
コスミレ
今年もコスミレが見られました。

ムサシアブミの実
一瞬変わったキノコかと思いましたがムサシアブミの実の残骸のようです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは

コゴメノフグリは知りませんでした。あちこちで見られるんでしょうか。探してみたいと思います。シキミがもう咲いていましたか。久しぶりに花を撮りたいと思っているところです。

多摩NTの住人様

コメントありがとうございます。
「コゴメノフグリ」ではなく「コゴメイヌノフグリ」の誤りで訂正します。桜ヶ丘公園の駐車場脇の道端に咲いていました。シキミは記念館前バス停横の拓魂碑の広場の生垣で見ました。
プロフィール

豆太郎

Author:豆太郎
性別:男性
都道府県:東京
自己紹介:
 多摩丘陵をきままに散策しています。すみれに魅せられて自分でも栽培しています。

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク