ベランダのすみれ2016 その3

交配種
自然交雑したすみれを見出すことはすみれ散策の楽しみでもありますが、人工的に交配し、選別された美しく育てやすいすみれを育てる楽しみもあります。交配種は自然界で見出された組み合わせを参考にしたものの他、分布や開花時期が異なるため自然界ではありえない組み合わせもあります。また、両親の種が異なるため、基本的に子供は作られず、株分けや根伏せなどにより増やします。

    ヘイリンジスミレ(薄紫細弁)
    ヘイリンジスミレ(スミレ×ヒメスミレ)
    最初に発見された埼玉県の平林寺の名前にちなんでいる。染色体数はスミレ(2n=48)、ヒメスミレ(2n=48)

    ミヨシスミレ(薄桃葉黒)
    ミヨシスミレ(ヒカゲスミレ×スミレ)
    葉の表面に黒褐色が入っているため、片親はハグロスミレ(ヒカゲスミレ)と思われる。染色体数がスミレ(2n=48)、ヒカゲスミレ(2n=24)のため、スミレの形質が強く出ている。

    フイリエナガミヤマスミレ
    フイリエナガミヤマスミレ(フイリミヤマスミレ×リュウキュウシロスミレ)
    フィリミヤマスミレ(2n=24)、リュウキュウシロスミレ(2n=72)のためリュウキュウシロスミレの特徴を強く引き継ぎ、花梗が高くなる。

    カスガスミレ(うす紫)
    カスガスミレ(ツクシスミレ×スミレ)
    無茎種のスミレ(2n=48)と有茎種のツクシスミレ(2n=26)の組み合わせ。小型の花をたくさん付ける。ツクシスミレはほふく茎が横に広がるが、スミレの形質を受け継いでいるため姿は良い。

    サツマスミレ
    サツマスミレ(ヤマツクシスミレ×ニョイスミレ)
    有茎種同士の交配でほふく茎が横に広がる。ニョイスミレ(2n=24)

    スズキスミレ(薄紫小型)
    スズキスミレ(スミレ×ヒゴスミレ(ナンザンスミレ))
    昭和初期に横浜の鈴木吉五郎氏により園芸目的に交配された組み合わせで、品種名は氏の名前にちなむ。自然界でも稀に見出されているとされる。ヒゴスミレ(2n=24)

    キクバイシガキスミレ
    キクバイシガキスミレ(ヒゴスミレ(ナンザンスミレ)×イシガキスミレ)
    今年初めて見る花だが、イシガキスミレ(2n=22)とキクバ系スミレ(2n=24)の中間的な葉の形をしていて面白い。

    ミスズスミレ’雪千鳥’
    ミスズスミレ’雪千鳥’ (ミミズ系交配種)
    ミスズ系交配種は、スミレとヤクシマスミレ(2n=22)やヤエヤマスミレ(2n=22)の南西諸島原産の小型のすみれを親とした交配種。大輪丸弁の白花だが花弁の裏には紫色が入る。葉に切れ込みが入るためキクバ系の遺伝子が入っているのではないかと思われる。

    フイリシハイコスミレ
    フイリシハイコスミレ(コスミレ×フイリシハイスミレ)
    花立ちが良く毎年よく咲きます。コスミレ(2n=48)、フイリシハイスミレ(2n=24)

    フイリゲンジシロコスミレ
    フイリゲンジシロコスミレ(シロコスミレ×フイリゲンジスミレ)
    シロコスミレ(2n=48)は朝鮮半島南部、中国(遼寧省)に分布、フイリゲンジスミレ(2n=24)は朝鮮半島、中国東北部、ロシア極東地方に分布。外国産同士の交配です。

    ニオイシハイスミレ
    ニオイシハイスミレ(シハイスミレ×ニオイスミレ)
    シハイスミレ(2n=24)とヨーロッパを代表するニオイスミレ(2n=20)の組み合わせによる交配種です。

すみれ散策 2016.4.9

最近すっかり出不精になっていましたが、久々に近隣のすみれ散策に出かけました。思いがけないところですみれや野草に出会ったりして、普通に見ることができることに感謝です。

    スミレ
    スミレ
    スミレを見るとなぜか安心するのです。

    アリアケスミレ
    アリアケスミレ
    アリアケスミレが開花するとすみれシーズンも終わりに近づいたように感じます。

    ヒメスミレ
    ヒメスミレ
    今までヒメスミレの群生は見たことがなかったのですが、公園の周辺に10数株が広がって咲いていました。

    ニオイタチツボスミレ
    ニオイタチツボスミレ
    昨年と同じところで元気にしていました。

    タチツボスミレ
    タチツボスミレ

すみれの時期に見られる野草達

    イチリンソウ
    イチリンソウ(一輪草)

    ニリンソウ
    ニリンソウ(二輪草)

    ジロボウエンゴサク
    ジロボウエンゴサク(次郎坊延胡策)
    ジロボウとはスミレを太郎坊、これを次郎坊と呼んで、子供が距を引っ張り合って遊んだことに由来します。

    フデリンドウ
    フデリンドウ(筆竜胆)
    思いがけないところで出会いました。

ベランダのすみれ2016 その2

神代植物園でのすみれ展も終わり一息ついたところです。すみれ展は天気にも恵まれ盛況でした。我が家のベランダではすみれ展には間に合わなかったすみれ達も次々と咲き始めています。

    タカオスミレ’てんぐ’ ’
    タカオスミレ’てんぐ’
    タカオスミレはヒカゲスミレの春葉の表面が茶褐色を帯びるもの。花後は不鮮明となる。’てんぐ’は葉柄や花梗が特に赤身を帯びたもの。これはすみれ展に出品したものを撮影した。

    ベニバナナンザンスミレ
    ベニバナナンザンスミレ 芳香
    ナンザンスミレはヒゴスミレの母種で中国大陸から朝鮮半島にかけて見られ、日本では対馬だけに分布する。ベニバナナンザンスミレは古くからこの名前で栽培されているが、出所は定かではない。

    ヒゴスミレ
    ヒゴスミレ 芳香
    市販型の丸弁のヒゴスミレ。エイザンスミレが夏葉や実生第一葉が3つに分かれるのに対して、ヒゴスミレは5つに分かれる。

    エイザンスミレ
    エイザンスミレ 芳香
    切れ込んだ葉の幅がヒゴスミレより広い。比叡山にちなんだ名前。

    ヒトツバエゾスミレ
    ヒトツバエゾスミレ 芳香
    エイザンスミレの一系で葉が単葉で、左右対称ではない切れ込みをする。ナルカミスミレはヒトツバエゾスミレの純白花で、発見地の群馬県鳴神山にちなんで命名。

ナンザンスミレグループのヒカゲスミレ、ナンザンスミレ(ヒゴスミレ)、エイザンスミレは近縁のため交雑によりタネを作ることがある。

    ヒラツカスミレ
    ヒラツカスミレ(エイザンスミレ×ヒゴスミレ)
    名称の由来は、望月昇氏が神奈川県平塚市で交配作出されたことによる。これは以前ホームセンターで購入したものの種を取って播種したものだが、親に比べて花色が濃くなってずいぶん美しくなったような気がする。固定していないようで、今度取った種から同じものができる保証はない。

    シロバナヒラツカスミレ
    シロバナヒラツカスミレ
    ヒラツカスミレ’くれない’の純白品種。ヒラツカスミレ’くれない’はベニバナナンザンスミレとエイザンスミレ(大輪)の交雑から選別された品種。

ちなみにスワスミレ(ヒカゲスミレ×エイザンスミレ)、スワキクバスミレ(ヒカゲスミレ×ヒゴスミレ)は稔性が50%以下で、花や葉の形質も様々に分離する。

参考にした本
 田淵誠也 すみれを楽しむ  2005 栃の葉書房
 田淵誠也 すみれ図鑑   1996 栃の葉書房
 鈴木進  原色すみれ   1980 家の光協会

里山のすみれ

今日、東京でもサクラの開花宣言が出ました。
タチツボスミレも咲き始めているようなので、近隣の里山にすみれ散策に行ってきました。

    タチツボスミレ
    南向きの斜面ではあちらこちらでタチツボスミレが咲いていました。

    アオイスミレ
    アオイスミレ

    コスミレ
    コスミレ

    ノジスミレ
    ノジスミレ

    アカネスミレ
    アカネスミレが満開です。いつもより早いようです。

    サクラ
     エドヒガンでしょうか、サクラが咲き始めていました。

    キブシ
    キブシの花が開いていないところには、すみれもまだ咲いていないそうです。

    クロモジ
    クロモジも開花

    ウグイスカグラ
    ウグイスカグラ、ウグイスの鳴き声も聞こえます。

    レンゲソウ
    田んぼにはレンゲソウ

    谷戸の風景
    谷戸の風景

ベランダのすみれ2016 その1

二十四節気では生き物が動き始める啓蟄の頃ですが、我が家のベランダのすみれも早咲きのヒナスミレやニオイスミレが開花してきました。遅咲きのすみれ達も土の中からツンツンと葉を突き出してきて、春の訪れが楽しみな季節となりました。

    フイリヒナスミレ
    フイリヒナスミレ ミヤマスミレ類 早咲き

    ヒゴスミレ(淡紅)
    ヒゴスミレ(淡紅) ミヤマスミレ類 早咲き 芳香

    ゲンジスミレ(1)
    ゲンジスミレ ミヤマスミレ類
    東アジア原産のフイリゲンジスミレが母種

    ゲンジスミレ(2)
    ゲンジスミレ ミヤマスミレ類

    ヤマツクシスミレ
    ヤマツクシスミレ ツクシスミレ類 早咲き
    ツクシスミレの亜種で東アジア暖温帯原産

    ニオイスミレ’ジャック・サンプソン’
    ニオイスミレ’ジャック・サンプソン’ ニオイスミレ類 早咲き 芳香
    手前にピンクの花は播種の時、別の品種のものが混ざったか?

    ニオイスミレ’ジェセフィーヌ’
    ニオイスミレ’ジョセフィーヌ’ ニオイスミレ類 早咲き 芳香

    アルバ・アルバ
    アルバ・アルバ ニオイスミレ類 早咲き 芳香

    V.オドラータ×ヒルタ
    ビオラ・オドラータ×ビオラ・ヒルタ 早咲き 
    ヨーロッパのニオイスミレ類同士の交配種、ビオラ・ヒルタには芳香がない

    パルマスミレ
    パルマスミレ ニオイスミレ類 早咲き 芳香

よこやまの道を歩く

時々訪れていたよこやまの道が昨年「歴史の道」100選に選ばれました。よこやまの道は多摩丘陵の尾根道を東西に連なる散策路です。東端の丘の上広場を出発して西端の唐木田給水所までの約10kmを散策しました。

    多摩よこやまの道
    多摩よこやまの道の案内図

    丘の上広場
    丘の上広場を出発

    雑木林の道
    コナラの雑木林を歩く

    防人見返りの峠
    古代、旅立つ防人が故郷を振り返って家族との別れを惜しんだという見返りの峠

    富士山
    防人見返りの峠から見た富士山、手前は多摩ニュータウン(多摩市方面)

    国士舘大学グランド
    国士舘大学グランド
    歩いているとこちらに走ってくる国士舘の学生とすれ違う。みんな挨拶をしてくれて気持ちがいい。今年の箱根駅伝は予選会で僅か10秒差(10人の合計タイムなので1人1秒差)で出場できなかったのだが、来年は是非頑張って出場してもらいたい。

   妙櫻寺
    妙櫻寺

    一本杉公園
    清泉女学院大学くのチャペルの音を聞きながら歩いていると一本杉公園の中に入っていく

    一本杉公園の梅
    一本杉公園の梅が見頃

    鎌倉裏街道
    一本杉公園を出て近藤勇や土方歳三が小野路へ剣術の練習に通ったという鎌倉裏街道を通る

    キャノンスポーツパーク
    ラグビーの強豪キャノンイーグルスの練習場を横目に見ながら細道を進む

    東京国際CC
    東京国際GCを左手に見る

    大妻学院
    唐木田の大妻学院の裏手の歩道を進む

    多摩ニュータウン
    右手(北側)は多摩ニュータウン(八王子市堀之内付近)
よこやまの道の北側には多摩ニュータウンの街並みが広がり、南側には僅かだが昔ながらの里山の風景を見ることができる。つい南側の斜面を下ってみたくなるが今日は我慢して進む。

    唐木田給水所
    唐木田給水所に到着。ぶらぶら歩いたので5時間もかかってしまった。もう少し歩いて長池公園に立ち寄っていくのも良い。

新年のご挨拶

たまご申
                    カミサンが作成した手作りの申です。    
    
あけましておめでとうございます

本年が皆様にとりまして素晴らしい一年でありますように

多摩丘陵のすみれ

多摩丘陵で見られるすみれは何種類あるのかと思い、多摩丘陵で撮ったこの数年間のすみれの写真を見直してみると12種類のすみれが見つかりました。もっとあるのかもしれませんが、標高が低い(一番高いところでも200メートル位)こともあって山地性のすみれは見られません。多摩丘陵の自然を守る会が2007年に作成した八王子市由木地区の植物目録にはまだ見たことのないエイザンスミレが載っていますし、根拠はないのですがなんとなくヒカゲスミレは見られるような気がします。来年は是非出合ってみたいものです。

ミヤマスミレ類

    スミレ 町田市 2013 4 5
    スミレ 2n= 48 東京都町田市 緑地公園 (2013.4.5)

    アリアケスミレ 八王子市 2013 4 10
    アリアケスミレ 2n = 72 東京都八王子市 大学構内 (2013.4.10)

    ヒメスミレ 八王子市 2014 3 29
    ヒメスミレ 2n = 48 東京都八王子市 自然公園 (2014.3.29)

    コスミレ 八王子市 2014 4 8
    コスミレ 2n = 48 東京都八王子市 自然公園 (2014.4.8)

    ノジスミレ 八王子市 2014 4 1
    ノジスミレ 2n = 24 東京都八王子市 大学構内 (2014.4.1)

    アカネスミレ 町田市 2015 4 9
    アカネスミレ 2n = 24 東京都町田市 里山 (2015.4.9)

    マルバスミレ 多摩市 2015 4 3
    マルバスミレ 2n = 24 東京都多摩市 畑の縁 (2015.4.3)

スミレサイシン類

    ナガバノスミレサイシン 八王子市 2014 3 29
    ナガバノスミレサイシン 2n = 24 東京都八王子市 自然公園 (2014.3.29)

ニョイスミレ類

    ニョイスミレ 町田市 2014 4 17
    ニョイスミレ 2n = 24 東京都町田市 里山 (2014.4.17)

ニオイスミレ類

    アオイスミレ 多摩市 2014 3 19
    アオイスミレ 2n = 20 東京都多摩市 自然公園 (2014.3.19)

タチツボスミレ類

    タチツボスミレ 町田市 2014 4 2
    タチツボスミレ2n = 20 東京都 町田市 緑地公園 (2014.4.2)

    タチツボスミレ 町田市 2013 4 5
    タチツボスミレ 2n = 20 東京都町田市 緑地公園 (2013.4.5)

    ニオイタチツボスミレ 多摩市 2015 4 3
    ニオイタチツボスミレ 2n = 20 東京都多摩市 緑地 (2015.4.3)

番外編

雑木林の林縁で一度だけヒゴスミレを見たことがあります。ただ生育場所としては不自然な感じがしていて植栽ものが逃げ出したものではないかと思っています。そのほかに外来種のビオラ・ソロリア’パピリオナケア’や’プリセアナ’の群生をあちこちで見かけます。

    ヒゴスミレ 多摩市 2013 3 23
    ヒゴスミレ 2n = 24 東京都多摩市 緑地 (2013.3.23)

参考にした本
 守っていきたい多摩丘陵の自然 -30年の活動- 多摩丘陵の自然を守る会 2014年3月

寒露の頃

青梅丘陵にて
久々に秋の青梅丘陵を散策しました。同じ丘陵でも多摩丘陵とは多少植生が異なるようです。また多摩川の北側と南側でも違いがあるようです。例えば多摩川を境目に北側にはヤマジノホトトギス、南側はヤマホトトギスに分かれていると聞きました。多摩川を越えられない植物もあるのですね。

    センブリ
    センブリ(千振)

    アキノキリンソウ
    アキノキリンソウ(秋の麒麟草)

    ノコンギク
    ノコンギク(野紺菊)

    トウヒレン属
    アザミの一種だと思って撮りましたがトウヒレン属ではないかと思われます。

    コウヤボウキ
    コウヤボウキ(高野箒)

    ナガバノコウヤボウキ
    ナガバノコウヤボウキ(長葉の高野箒)の花は終わっていました。

    カシワバハグマ
    カシワバハグマ(柏葉白熊)

    オクモミジハグマ
    オクモミジハグマ(奥紅葉白熊)

    オケラ
    右側の花がオケラ(朮)です。

    オトコヨウゾメ
    オトコヨウゾメ

    ススキ
    ススキのある風景

ヒバントゥス・コミュニス

秋の訪れとともに夏の暑さで一休みしていたベランダのすみれ達も元気を取り戻してきて、新葉を展開したり、再び閉鎖花を作るようになりました。すみれ達がお休みしていたとき、6月下旬からヒバントゥス・コミュニスが毎日数輪の白い半日花(一日花?)を付けて楽しませてくれています。

    ヒバントォス コミュニス2015 06 28
    ヒバントゥス・コミュニス 2015.6.28撮影
    スミレ科ヒバントゥス属の南米亜熱帯産で普段見ているスミレ属のすみれとは花や茎などの姿形が異なります。花は上弁や側弁は退化して小さくなったのか唇弁だけが大きく一見して白い一枚花のように見え、茎の高さは1メートル以上にもなります。写真の花の右側には昨日以前に咲いた花びらが巻いたように閉じています。花の左上の方には花芽があって明日以降に咲く準備をしています。花は夜明け前(少なくとも午前4時前)のまだ暗い時に咲き始めます。アサガオは夜の暗闇を感じてから10時間後につぼみが開花するそうですが、同様に夜を感じてから何時間か後に開花しているのでしょうか。花が咲き終わるのは日によって異なり、カンカン照りの暑い日は午前11頃には花が閉じ、一日中雨の日は午後4時頃まで咲いていたりします。そのメカニズムはよくわからないのですが花が太陽の光を感じてコントロールしているように思われます。

              ヒバントォス コミュニス2015 09 21
              ヒバントゥス・コミュニス 2015.9.21撮影
    すみれ仲間で育てている人もいたり、時々ブログなどでも拝見するのでヒバントゥスを育てている愛好家は多そうです。

    ヒバントォス コミュニスの蒴果(さくか)
    朔果(さくか)。種は黒く、大きさはニオイスミレほどで大きい。

    ヒバントォス コミュニスの苗
    1メートルほど離れたバラの鉢に種が飛んで苗が育っています。他のすみれと姿が異なるので間違うことはありません。
プロフィール

豆太郎

Author:豆太郎
性別:男性
都道府県:東京
自己紹介:
 多摩丘陵をきままに散策しています。すみれに魅せられて自分でも栽培しています。

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク