FC2ブログ

すみれ散策 2017

青梅丘陵 2017.4.15

   フモトスミレ
   フモトスミレ

   アカネスミレ
   アカネスミレ

   エイザンスミレ
   エイザンスミレ

   ナガバノスミレサイシン
   ナガバノスミレサイシン

多摩丘陵 2017.4.16
多摩ニュータウンの住宅地周辺で撮ったものです

   スミレ
   スミレ

   ヒメスミレ
   ヒメスミレ

   マルバスミレ
   マルバスミレ

   ニオイタチツボスミレ
   ニオイタチツボスミレ

   アリアケスミレ
   アリアケスミレ

   アリアケスミレ・ノジスミレとタンポポ
   アリアケスミレとノジスミレとタンポポ

カタクリ 2017.4.5

カタクリを見にさやま花多来里の郷に出掛けた。丁度見ごろで白いカタクリも見ることができた。

落葉広葉樹林の林床に春先の樹林の葉が展開する前のわずかな期間に、発芽、成長、開花、結実のサイクルを終える植物をスプリング・エフェメラル(春の妖精)というが、カタクリはその代表的なものだろう。

   カタクリ_1

   カタクリ_2

   カタクリ_3

   数株の白いカタクリの花が見られた。突然変異でアントシアニン色素が抜けた純白花で、茎の色や葉の模様も普通種とは違って色が抜けている。

   カタクリ_4
   
   カタクリ_5

   さやま花多来里の郷では狭山池緑地の斜面に20万株以上のカタクリが群生している。

   カタクリ_6

ベランダのすみれ2017 その2

本格的なすみれの季節を迎え、我が家のベランダでも次々とすみれが咲き始めました。

   ヒゴスミレ
   ヒゴスミレ ミヤマスミレ類
   丸弁のヒゴスミレです。

   フイリヒナスミレ
   フイリヒナスミレ ミヤマスミレ類
   紅色がかったヒナスミレです。

   マキノスミレ
   マキノスミレ ミヤマスミレ類
   シハイスミレの一系で葉が細く立ち性です。

   ヒメミヤマシハイ
   ヒメミヤマシハイスミレ ミヤマスミレ類
   ヒメミヤマスミレとシハイスミレの交雑種だと思われます。種から育てました。

   フイリミヤマスミレ
   フイリミヤマスミレ ミヤマスミレ類

   シマジリスミレ
   シマジリスミレ ウラジロスミレ類
   沖縄のすみれです。冬も葉を残したままでした。

   オトメスミレ
   オトメスミレ タチツボスミレ類
   純白の花弁に距が紫色や紅色が入ったタチツボスミレです。

   コタチツボスミレ
   コタチツボスミレ タチツボスミレ類
   小型のタチツボスミレの変種ですが同定は難しいです。準白(白花に紫条が入った)のものです。

   フイリエナガミヤマスミレ
   フイリエナガミヤマスミレ 交配種(リュウキュウシロスミレ×フイリミヤマスミレ)

   スズキスミレ(薄紫小型)
   スズキスミレ 交配種(スミレ×ヒゴスミレ)
   薄紫小型の花で花付きが良いです。

   エドスミレ(淡紫芯濃)
   エドスミレ 交配種(スミレ×エイザンスミレ)
   淡い紫で芯の濃い花です。

   カスガスミレ
   カスガスミレ 交配種(ツクシスミレ×スミレ)
   淡い紫で小型の花を良く咲かせます。

多摩丘陵のすみれ

週末、多摩丘陵に出かけすみれ散策しました。丁度タチツボスミレが見頃で瑞々しい花を満喫することができました。

   タチツボスミレ1
   散策路の法面にはタチツボスミレが一杯

   タチツボスミレ2
   タチツボスミレ

   タチツボスミレ3
   準白のタチツボスミレ

   タチツボスミレ4
   準白のタチツボスミレ

   コスミレ
   雑木林の一角にはコスミレの集まり

   ノジスミレ
   梅の木の下に咲いていたノジスミレ、道端のコンクリートの割れ間からも

   ナガバノスミレサイシン
   ナガバノスミレサイシンも咲き始め

   アオイスミレ
   アオイスミレは終わりかけ

   ヒメスミレ
   ヒメスミレは開花までもう少し

ベランダのすみれ2017 その1

多摩丘陵ではアオイスミレを初めとしてタチツボスミレ、コスミレなどが咲き始めていますが、我が家のベランダでも早咲きのニオイスミレやタチツボスミレなど、次々と開花してきました。

    マンシュウスミレ
    マンシュウスミレ ミヤマスミレ類 東アジア冷温帯に分布
    日本のすみれの代表’スミレ’の学名は Viola mandshurica(満洲のスミレ)だが、こちらの学名は Viola dissecta。ナンザンスミレの近縁だが、葉の切れ込み方が異なる。

    シチトウスミレ
    シチトウスミレ タチツボスミレ類 海岸性のタチツボスミレの変種

    アツバエドスミレ(二色)
    アツバエドスミレ(二色) 交配種(アツバスミレ(二色咲)×エイザンスミレ)
    エイザンスミレが入っているので花も葉も全体的に大柄、この写真では分かり辛いがアツバスミレ(二色咲)の影響で上弁が白っぽい。アツバスミレは海岸性のスミレの変種

    ミセズ・R・バートン
    ミセズ・R・バートン ニオイスミレ類 芳香
    ニオイスミレの栽培品種。ニオイスミレはヨーロッパ原産で名前の通り強い芳香があり香料原料として栽培された。日本のアオイスミレは近縁だが香りはない。また、ニオイスミレの仲間でもスルフレアなど匂わないものもある。
    

    マダム・アーマディン・ペイジ
    マダム・アーマディン・ペイジ ニオイスミレ類 芳香

    アルバ・アルバ
    アルバ・アルバ ニオイスミレ類 芳香

    ビオラ・オドラータ×ヒルタ
    ビオラ・オドラータ×ヒルタ  ニオイスミレ類 交配種 (ビオラ・オドラータ×ビオラ・ヒルタ) 

    パルマスミレ
    パルマスミレ ニオイスミレ類  芳香 ビオラ・アルバの八重咲変異

早春の里地・里山

すみれ散策を兼ねて早春の多摩丘陵を歩きました。

小田急多摩線唐木田駅~小山田緑地~奈良ばい谷戸~万松寺谷戸~小野路宿~黒川谷戸~黒川駅

    小山田緑地
    唐木田駅からよこやまの道を経由して小山田緑地に入ると里山の景色が現れる。

    竹林
    よく整備された竹林

    タンポポ
    歩道の真ん中に生えていたタンポポ(蒲公英)。踏まれませんように。

    ウグイスカグラ
    ウグイスカグラ(鶯神楽)

    ミチタネツケバナ
    塀のスキマから生えていたミチタネツケバナ

    奈良ばい谷戸
    奈良ばい谷戸の風景。年々里山の再生が進んでいるようです。

    雑木林の散策路
    気持ちの良い雑木林の散策路

    ヤドリギ
    大きなヤドリギ(宿り木)

    万松寺谷戸
    万松寺谷戸の風景。農作業していた年配の女性から声をかけられた。
    「白鷺は見られませんでしたか?」「残念でしたね。またいらしてください。」

    小野神社
    小野神社には小野篁(たかむら)が祀られている。

    関谷の切り通し
    関谷の切り通し

    布田道
    小野路宿から黒川へは布田道を歩いて行く。行き止まりの標識があったりして迷ってしまった。

    お地蔵様
    江戸時代天保年代に建立された石のお地蔵様

    寒緋桜
    寒緋桜が咲き始め、河津桜は満開でした。

    黒川谷戸
    黒川谷戸の風景

    マンサク
    マンサク(満作)

    フキノトウ
    フキノトウ(蕗の薹)

    ツクシ
    ツクシ(土筆)

    ネコヤナギ
    ネコヤナギ(猫柳)    

    セレサモス
    ファーマーズマーケット.セレサモスで近隣の朝採れ野菜を買って黒川駅へ向かう。

    すみれ

    タチツボスミレ
    今年の初すみれはタチツボスミレでした。

    アオイスミレ
    アオイスミレはまだ蕾みのものが多かったです。

    フモトスミレ
    一見してニョイスミレと思ったのですが、開花時期が早すぎること、乾燥した林縁に自生していたことなどからフモトスミレのようです。
    (後日、現地で再確認したところやはりニョイスミレでした。ニョイスミレも色々あるのですね。)

花屋さんのすみれ

花屋さんで早くもすみれを見つけました。おなじみの栄花園さんのすみれです。濃紫のスミレやスミレ’ひむれ’、’ゆうぎり’、シロバナノジ、ピンクのアカネスミレ、ヒゴスミレ、フイリゲンジなどが並んでいました。赤紫のコスミレが気にいったので1株購入しました。

   花屋さんのすみれ
   フラワーショップ京王 京王永山店

   コスミレ1
   購入したコスミレ

我が家のベランダでは早咲きのニオイスミレが花をつけ始めていますが、ほとんどのすみれはまだまだ先になります。コスミレが加わってすこし華やかになりました。

   コスミレ2

   コスミレ3

   コスミレ4

鯉が窪湿原

ゴールデンウィークの終わりに岡山県の鯉が窪湿原を散策してきました。トキソウやサギソウなどの開花時期には早すぎたのですが、西日本型のナガバノタチツボスミレを見ることができました。

    ナガバノタチツボスミレ
    ナガバノタチツボスミレ

    ナガバノタチツボスミレ (2)
    ナガバノタチツボスミレ

    ニョイスミレ
    ニョイスミレ

    ニョイスミレ (2)
    パンフレットには6月中旬からアギスミレが開花すると載っていました。三日月形様の葉型のニョイスミレを時々見かけました。ニョイスミレとは連続的なもののようです。

    ムラサキコマノツメ
    ムラサキコマノツメはニョイスミレの品種で花の地色が淡桃から淡紫のものです。ムラサキコマノツメタイプのものをよく見かけましたが、これも連続的なようです。

    サクラスミレ
    大輪のサクラスミレです。

    スミレ
    湿原の入り口手前の道の両側にスミレが連なって咲いていました。

すみれの時期に見られる野草達

今の時期はリュウキンカとサワオグルマが咲いているぐらいでちょっと寂しかったのですが、7月から8月にかけては多様な花が見られるようです。

    リュウキンカ
    リュウキンカ

    サワオグルマ
    サワオグルマとリュウキンカ。背の高いものがサワオグルマです。

    鯉が窪湿原
    鯉が窪湿原の歩道

    オドリコソウ
    田園地帯を歩いて帰っていると道端のオドリコソウが満開でした。

    菜の花とベニシジミ
    田んぼの傍に菜の花が咲いていて、『菜の花米』の看板がかかっていた。

撮影場所
    岡山県新見市哲西町 鯉が窪湿原

続きを読む

高尾山のすみれ 2016.4.16

今年はすみれの会の高尾山野外例会に参加できなかたので、遅ればせながら単独で散策しました。いつもの日影沢からではなく、知人から聞いていた小下沢林道から登ってみました。天気が良かったので高尾駅はハイカーで一杯、バスに乗るまでに40分足止めされました。マルバスミレやエイザンスミレが丁度見頃で、道中ずっと咲いていたエイザンスミレを満喫しました。

    エイザンスミレ
    エイザンスミレ

    ニリンソウの道
    両側のニリンソウに囲まれて林道を歩く。

    マルバスミレ
    マルバスミレ

    タチツボスミレ
    タチツボスミレはつい集合写真を撮ってしまうのだが、たまには一人で

    ナガバノスミレサイシン
    ナガバノスミレサイシン

    アケボノスミレ
    アケボノスミレだと思ったのだが、ナガバノスミレサイシンがかかっているような気がしてきて、あまり自信がないのです。

    ニオイタチツボスミレ
    景信山頂上付近のニオイタチツボスミレ

    オカスミレ
    オカスミレ(アカネスミレ)

    ヒナスミレ
    ヒナスミレは終わっていました。

すみれの時期に見られる野草達

    ヒトリシズカ
    ヒトリシズカ

    ヨゴレネコノメ
    ヨゴレネコノメ

    ラショウモンカズラ
    ラショウモンカズラ

    ムラサキケマン(白花)
    ムラサキケマン(白花)

    ヤマエンゴサク
    ヤマエンゴサク

    マルバコンロンソウ
    マルバコンロンソウ

    イカリソウ
    ピンボケのイカリソウ、イカリのように見えるので何となく載せてみました。

帰ってから、タカオスミレに出会わなかったことに気づきました。日影沢を通らなかったためです。また、6号路を下ったのにコミヤマスミレ(開花はまだ先ですが)も見逃していました。残念。

ベランダのすみれ2016 その3

交配種
自然交雑したすみれを見出すことはすみれ散策の楽しみでもありますが、人工的に交配し、選別された美しく育てやすいすみれを育てる楽しみもあります。交配種は自然界で見出された組み合わせを参考にしたものの他、分布や開花時期が異なるため自然界ではありえない組み合わせもあります。また、両親の種が異なるため、基本的に子供は作られず、株分けや根伏せなどにより増やします。

    ヘイリンジスミレ(薄紫細弁)
    ヘイリンジスミレ(スミレ×ヒメスミレ)
    最初に発見された埼玉県の平林寺の名前にちなんでいる。染色体数はスミレ(2n=48)、ヒメスミレ(2n=48)

    ミヨシスミレ(薄桃葉黒)
    ミヨシスミレ(ヒカゲスミレ×スミレ)
    葉の表面に黒褐色が入っているため、片親はハグロスミレ(ヒカゲスミレ)と思われる。染色体数がスミレ(2n=48)、ヒカゲスミレ(2n=24)のため、スミレの形質が強く出ている。

    フイリエナガミヤマスミレ
    フイリエナガミヤマスミレ(フイリミヤマスミレ×リュウキュウシロスミレ)
    フィリミヤマスミレ(2n=24)、リュウキュウシロスミレ(2n=72)のためリュウキュウシロスミレの特徴を強く引き継ぎ、花梗が高くなる。

    カスガスミレ(うす紫)
    カスガスミレ(ツクシスミレ×スミレ)
    無茎種のスミレ(2n=48)と有茎種のツクシスミレ(2n=26)の組み合わせ。小型の花をたくさん付ける。ツクシスミレはほふく茎が横に広がるが、スミレの形質を受け継いでいるため姿は良い。

    サツマスミレ
    サツマスミレ(ヤマツクシスミレ×ニョイスミレ)
    有茎種同士の交配でほふく茎が横に広がる。ニョイスミレ(2n=24)

    スズキスミレ(薄紫小型)
    スズキスミレ(スミレ×ヒゴスミレ(ナンザンスミレ))
    昭和初期に横浜の鈴木吉五郎氏により園芸目的に交配された組み合わせで、品種名は氏の名前にちなむ。自然界でも稀に見出されているとされる。ヒゴスミレ(2n=24)

    キクバイシガキスミレ
    キクバイシガキスミレ(ヒゴスミレ(ナンザンスミレ)×イシガキスミレ)
    今年初めて見る花だが、イシガキスミレ(2n=22)とキクバ系スミレ(2n=24)の中間的な葉の形をしていて面白い。

    ミスズスミレ’雪千鳥’
    ミスズスミレ’雪千鳥’ (ミミズ系交配種)
    ミスズ系交配種は、スミレとヤクシマスミレ(2n=22)やヤエヤマスミレ(2n=22)の南西諸島原産の小型のすみれを親とした交配種。大輪丸弁の白花だが花弁の裏には紫色が入る。葉に切れ込みが入るためキクバ系の遺伝子が入っているのではないかと思われる。

    フイリシハイコスミレ
    フイリシハイコスミレ(コスミレ×フイリシハイスミレ)
    花立ちが良く毎年よく咲きます。コスミレ(2n=48)、フイリシハイスミレ(2n=24)

    フイリゲンジシロコスミレ
    フイリゲンジシロコスミレ(シロコスミレ×フイリゲンジスミレ)
    シロコスミレ(2n=48)は朝鮮半島南部、中国(遼寧省)に分布、フイリゲンジスミレ(2n=24)は朝鮮半島、中国東北部、ロシア極東地方に分布。外国産同士の交配です。

    ニオイシハイスミレ
    ニオイシハイスミレ(シハイスミレ×ニオイスミレ)
    シハイスミレ(2n=24)とヨーロッパを代表するニオイスミレ(2n=20)の組み合わせによる交配種です。
プロフィール

豆太郎

Author:豆太郎
性別:男性
都道府県:東京
自己紹介:
 多摩丘陵をきままに散策しています。すみれに魅せられて自分でも栽培しています。

カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク